« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

小さなハテナ

ニュースで野球の井口選手が日米通算1000本安打!と言っていました。

これって、誰が数えてるの?プロ野球協会(なんてあるのかな)の人?
「そろそろ1000本じゃないかな」などと言って数え始めるのか?それだと数えてみて1000本を超えていたら大変だよね。
じゃあプロデビュー時から、シーズン毎とかに集計取るのかな。

かといって、すべての選手の安打とかホームランとか数えているわけじゃないよね。
人気の選手だけなの?

あぁ、疑問がいっぱい。知ったところで、どうってことは無いんだけど。。。笑

| | コメント (2)

括約筋のエラー?

クウネルタベルは、家にいるとき、おならばかりしています。

どうしてそんなにおならが出るの?と不思議になるくらい。

「おならが沢山出ると、ウンチが少なくなるのかな」と、クウネルタベル。
そんなワケないでしょう。そもそも、おならってげっぷと同じで、飲み込んだ空気が出てるんじゃないの?と答えると、(違う?メタンガス?ウンチから出てるガスかな)
「そうか!!げっぷを我慢してるから、おならが沢山出るんだ!!」と大発見に興奮するクウネルタベル。

げっぷやおならは人前でするものじゃないでしょ。
おならをするならトイレに行くとか、げっぷも我慢できないのならせめて陰でコッソリして。

と、かつて私がお願いしたのですが。
クウネルタベルはそれ以来、げっぷはなるべく我慢しているらしい。
そういえば、あまり聞かない(たまに聞くけど)。

でもね~。げっぷ我慢しても、その分おならが多くなってるのです。

会社でも、オナラしてるの?
と聞いてみた。
さすがに「しませんよ!」
でも、一度、『これはスカせそうな気配』と、スカそうとしたものの、
プーーーーーーッ
と鳴ってしまったらしい。しかも結構な音量で。
近くに人もいた(しかも振り返られた)らしいが、素知らぬ顔でやりすごしたんだって。
「これはビープ音だ、くらいの顔で知らん振りした」らしいが、
おならとビープ音は区別つくと思うよ。
絶対バレているよねぇ。

| | コメント (2)

CMソング

近頃テレビで流れているコマーシャル「ニチレイアセロラビタミンシー」
見たことありますか?

このCMが流れると思い出す、井川遥がCMしていた「tepcoひかり」
♪テプコひかりに決めたのは~・・・でも本当の決め手はキャンペーンガールが超ステキ♪
という曲。
(CMが流れなくなった今でも、ついつい鼻歌混じりに歌ってしまうのだが)

似てませんか?

同じ人が作った曲なのかな。

| | コメント (0)

オリンピ子ちゃん

クウネルタベルが「五輪真弓?」
何が?
「髪型」
私は今、黒々とした髪を縮毛矯正でストレートにしているが、前髪が長いのでセンター分けにして耳にかけたりしている。
それが五輪真弓に見えるのね。ムキー!!

「ゴリンちゃん」
え?オリンピック?
・・・
はっ!いつわ→五輪→ごりん、ってことか!
そうとは気づかず、「オリンピ子ちゃん?」と返事をしてしまった。
クウネルタベルは大爆笑だった。

因みに
五輪真弓の前は「おにぎり」と言われてました。
確かに、そう見える。ムギュウ。

| | コメント (0)

万博報道にご立腹

愛知万博の終了が近づいてきました。
新聞やテレビでは「大成功!」「ビバ!愛知万博!」的論調です。
インタビューを受ける来場者も、何度も来た人など、楽しんでる人ばかり。
9月24日の読売新聞の記事によると、万博を運営する博覧会協会の幹部は、
来場者の不満に耳を傾け、「手をつけられる部分はすべて見直した」と胸を張っているらしい。

そんなニュースを見聞きするたびに
「えぇぇ~~?」と我が家では渋い顔。
「なにがじゃ!」「なんで~?」「どこがじゃ!」と暴れださんばかりの勢いになります。
少なくとも、私たちが万博へ行ったときに周りから聞こえてきたのは文句ばかりだった。
言った人でも「良かった」という人はいませんが・・・。

はっ!!これがマスコミの情報操作か!
などど勝手に結論付けて息巻いていたりします。

入場者数が目標を大きく上回り、入場券の販売収入も目標を大きく上回って150億円以上上積みされる見込み(読売新聞/9月24日)!?
だったら、もう少し会場内に「手をつけられる部分」があったのではないのか。と思うのだが。

博覧会協会の会長は豊田章一郎・トヨタ自動車名誉会長。
万博を仕切っていたのはトヨタか!!
あのオペレーションの悪さは何だ!!
トヨタとは絶対に仕事したくない!!
とクウネルタベル。
心配しなくても、トヨタと仕事することはないんじゃない?

なんて言いつつも
もしも車を買うならトヨタ、と思っていたりもする。矛盾?
会社のやり方と、商品の品質は違うものだ、と自らに言い聞かせる(苦笑)。

| | コメント (1)

カレーライス

クウネルタベルはカレーライスが大好き。
「何が食べたい?」と聞くと、必ず「カレー!」と答える。
彼が実家にいた頃は、『土曜日はカレーの日』だったそう。

結婚前は半年に一度くらい食べていたカレーライスだが、結婚したからは少なくとも月に一度は食べている。

近頃、カレーライスに納豆をトッピングしてみた。
テレビで誰かがやっていたのを真似て。カレーライス続きで飽きていたもので。
食べてビックリ、美味しい!!
卵を入れたような感じで、味がまろやかになる。
今のブーム。

他にお勧めのトッピングがあったら教えてください(笑)。

| | コメント (0)

トリプルミルフィーユ (無星)

休日のお昼、ドミノピザを注文した。
最近はピザを食べると胸焼けがしたりもするのだが、たまに適量を食べる分には美味しい。
期間限定(2005年10月6日まで)に惹かれ、トリプリミルフィーユという生地のものを頼んでみた。
これは、イタリアンクラスト(サクサク生地)3枚の間にカマンベールチーズの層があるもの。

食べてみたら、チーズの味しかしないの・・・いやだーー
クアトロ(1枚のピザに1/4ずつ違う種類のトッピングがあるのだけど
どれを食べてもチーズ味。
普通の生地で頼んだら、美味しく食べられたのだろうに。

いやはや、やられました。
期間限定要注意か。

とかいいつつ、翌日、ピザのチラシで
期間限定のピザ(ホタテのクリームソースとか・・・既にチラシを捨ててしまいました)
というのを見たクウネルタベル、「あ、おいしそう」だって(笑)。

| | コメント (0)

世界の中心で、愛をさけぶ ★

いまさら・・・?第二弾(笑)。
世界の中心で、愛をさけぶ(片山恭一著/小学館)
これも図書館で予約していました。今年3月に予約したときに「年内には回ってこないかもしれません」と言われたのだが、思ったより早く回ってきたのは、短い小説なので借りた人たちが期限前に返却したからだろうか?

クウネルタベルが先に読んだのだが、第一声が「字が大きい」。
最近の若人の活字離れを食い止めようと、短めの小説を大きい字で、さらに余白を大きく取って、厚めのハードカバーにし、「読んだ~!」という満足感を持たせる戦略が流行ってるらすぃいよ~((C)ココリコミラクルタイプ)。
決して本を早く読める方ではないクウネルタベルが3時間で読み終えた。
「電車で読まないほうがいいよ」だって。泣くから、ということらしい。
彼は朝の通勤電車で「いま、会いにゆきます(市川拓司/小学館)」を読んで嗚咽をもらしつつ泣いたらしい。
どうでもいいけど、これも小学館なのかぁ・・・へぇ・・・。

と、言われたが電車で読みました。オホホ
う~ん。。。どうしてこれが売れたのか?わからんぞ。
センチメンタル一辺倒で、主人公の男の子の独白が殆ど、恋人が死んで泣かせる、というオチ。
好きじゃないなぁ。
どこがどう、というのではないが、文章も好きじゃない。
淡々と読んでしまい、泣きませんでした。
因みに、映画は普通に良かった。っていうのは大沢たかお・森山未來が良かったからかなぁ。

映画を見てから原作を読んで、ハマったのは江國香織。
「きらきらひかる」を見てから読んだら、大ハマリ。いやはや。
友人にも薦めました。気に入ってもらえました。
この映画は当時好きだった豊川悦司と筒井道隆が出ていたから見たのだが、映画では薬師丸ひろ子が良かった。この人、演技上手なんだなぁ~と思った。
マンガでは、望月峯太郎。
「バタアシ金魚」を見てから読んだら、バカハマリ。いやはや!
これも友人たち(別名マンガ友達)に薦めました。反応は芳しくありませんでした。なぜ?
この映画も筒井道隆が出ていたから見たのだが、映画自体もとっても気に入ってビデオを何度も見ました。
その後、またもや映画化された「ドラゴンヘッド」の良さはさっぱりわからないんだけど。
この人の作品は「バタアシ金魚」と「お茶の間」が一番いい。カオル、カッコいい!!くぅぅ~~!!そういえば「お茶の間」はドラマ化されたなぁ。
奇しくも、「きらきらひかる」と「バタアシ金魚」、2つの映画は同じ監督だったりする。

世界の中心で、愛をさけぶ とりあえず売れた本だし、読んでみてもいいんじゃない?

| | コメント (2)

クウネルタベルの悲しみ

炭酸水を飲むことを楽しみにしていたクウネルタベルに、ショッキングな出来事が。
最寄り駅から我が家までにクリスタルガイザーの炭酸水が置いてあるコンビニは4軒あったのだが、それが2軒になり、とうとうゼロになってしまったのだ!毎日の楽しみが・・・と悲しんでいるクウネルタベルです。

1日2~3本ペースで飲んでいたもんね。でも、お小遣いの減りが少なくなるからいいじゃない。
負けるな!クウネルタベル!

| | コメント (2)

10/31までに行くべし!TDL

東京ディズニーランドに行ってきました。
二人で行くのは初めてだったのですが、30歳を超えた男女が二人で来るにはちょっと恥ずかしかったかも。
周りは若いグループかカップル、子連れの夫婦ばかりなのでした。

クウネルタベルは20年ぶりのTDLに大興奮、知らないアトラクションも多く、はしゃぎっぱなし。
12のアトラクションを楽しみました。
万博と違って沢山回れて、いやはや、気分はビバ!TDR!です。ありがとう、夢の国!
夢の国にはいろんな頭飾りをつけた人たちがいっぱい。万博の比ではない。一番目を引いたのは、ミニーの耳カチューシャのベールつきバージョン。小さい子供がつけているのは「お嫁さんに憧れているのね」と微笑ましい。が、いい大人がつけているのはどうなんだろう?ちょっとコワかった。

アトラクションの中でも私が初めてだったのは。。。

バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
シューティングアトラクションなのですが、的を探してばかりで、慌しく、得点も低く、かなりご不満。きっと若人たちは高得点目指して何度もトライしてしまうのだろうが、この老体にはいささか厳しかった。

蒸気船マークトゥエン号
陽が落ちかけの頃に乗ったのですが、景色が幻想的で美しく、楽しめました。

ウエスタンランド・シューティングギャラリー
射的です。10発で200円。10発全て当たると、これをプレゼント!と頭に被ったウエスタンハットを指差す入り口のお姉さん。「にゃにぃ~~!!」と発奮して、クウネルタベル、見事に10発命中!ヤッターとウキウキしてお姉さんに結果の紙を渡すと、ドナルドのバッチをくれました。どうやら、指差していたのは帽子にくっついていたバッチだったようです。そうだよな、帽子なんて、すごい景品だと思ったよ(笑)。ちなみに私は4発命中でした。おそまつ。

プーさんのハニーハント
楽しい!可愛い!私はアトラクションのあいだ中、ニコニコしていたと後からクウネルタベルに言われました。ハニーポットなる5人乗りの乗り物で進むのだが、レール?が床下にあるらしく、床はスベスベ。どういう仕組みなんだろうね、とそれがとっても気になりました。プーさんのおっさんのような声が気になるのは私だけだろうか。でも最後にはそんな声も可愛く思えてしまうから不思議・・・。あまりの楽しさに2回も乗ってしまいました。

そして初めてではないものの、もっとも印象に残った&楽しめたのは。。。

ホーンテッドマンション
10月31日まで、ハロウィンバージョンになっていて、映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のキャラクターだらけ。すっごく可愛い!!怖いオバケ屋敷ではなくて、ほのぼのと楽しい。これなら怖がりのチビッコも楽しめそうです。みなさん、これは見る価値アリ!ですよ~~

13時~21時頃まで、約8時間で、とても楽しめました!
今後10年は行かなくてもいいかな?というのは大袈裟でしょうか。
やっぱり遊園地としてはディズニーシーよりディズニーランドのほうが楽しい。シーは大人向けだからかな、食べ物はシーのほうが美味しいけどネ。

帰り道、舞浜駅に向かう人々の背中を見て、「夢の国を後にして、現実世界に戻っていくのね」とちょっとした寂しさを覚えた。そんな中、前方にシッポ(猫?かなり長い。カーブしてるが、伸ばせば地面につくであろう)をつけた二人組が。これもTDLで売っていたのだろうか?「夢をひきずる人たちがいるよ」いったいどこまでひきずっていったんだろう、もしかして家までか?

| | コメント (1)

ピエール・マルコリーニ(パフェ) ★

銀座のピエール・マルコリーニに行った。30分は並んだ。マルコリーニ・チョコレート・パフェ(1,600円)を食べた。アイスだらけだった。もう食べなくていいや・・・。アイスだらけだと知っていたらチョコレートカフェじゃなくてアイスクリームカフェの方に入ったのに、無念。

パフェ、ってどういうものを指すのかな。正しいパフェってどういう形態なの?アイスだらけってアリなの?
この店のパフェは、下から順にバニラアイス、チョコアイス、ホイップクリーム(無糖)、ココアパウダーがしっとりしたもの(何て言えばいいのだろう)、バナナ、チョコレート1個、という形態でした。

ショーケースに並ぶチョコレートたちは、綺麗で美味しそうだった。あれは今度食べてみたい。パフェにチョコンと乗っかっていたチョコ(ダジャレではない)もおいしかった。っていうかパフェではそのチョコだけが美味しかった。アイスたちは普通だった。

| | コメント (0)

電車男 ★★

電車男(中野独人著/新潮社)を読みました。いまさら・・・(苦笑)
今年の春に図書館で予約を入れて、やっと借りることができたのです。さすがに買う気にはならないし、周りに買った人もいないし。

マンガのような感覚でパァーーッと読める本です。ストーリーもマンガっぽいし、掲示板だから文章も軽いし。
私の頭の中では電車男は昔の知り合いになってました、なんだかやたら似てるんだ、これが。(笑)
元の掲示板から編集してあるから、2ちゃんねるにありがちな下品な書き込みを見ることも無く、なかなか楽しめました。いろんなツッコミが面白く、声を出して笑うことも。

声を出して笑うと言えば、私はテレビを見ていて声を出して笑うことがしばしばありますが、そんな私を母は「おかしな子ねぇ」と言っていた。母の感覚では、テレビを見て声を出して笑うなんてありえないらしい。
しかし、クウネルタベルも声を出して笑う、私よりも大きい声で。二人一緒に笑ってしまったときなどは、きっと家の外にまで笑い声が響いていることだろう。迷惑な家だ。

電車男、時間潰しに軽く読むにはいいかな。

| | コメント (0)

セミ その後

ベランダで死んだセミは、クウネルタベルがつまんでポイッとしてくれました。
さよなら、セミさん。

| | コメント (0)

悲しい出来事

「内村プロデュース」が終わっちゃう。
悲しい。

独身の頃は、下品なネタが多くて好きじゃなかったのだが、クウネルタベルが大好きなので一緒に見るうちにすっかりハマり、我が家のお気に入り番組だったのに。

ウッチャンと言えば、「気分は上々」も大好き!だったのに終わっちゃったし。

私の勝手な思い込みなのだが、私が気に入った番組は終わってしまう、というジンクスがあるのだ。
そういえば、「トゥルー・コーリング」もちょっと面白くなってきたと思ったら終わっちゃった。アレレ~~

| | コメント (0)

万博でヘトヘト

愛知万博、行って来ました!

感想1:疲れた~~(+_+)

平日の朝6時東京発ののぞみで出発したのですが、「9時前には会場に着き、9時の開場と共に入場」という我々の目算は甘すぎました。そんなにスムーズに移動できるはずがなかった。会場に入ったのは10時!!万博八草~万博会場までのリニモ&万博入場ゲートでの行列がすごいのなんのって。入場した時、すでに疲労の色が・・・
パビリオンの事前予約ができなかったので、当日予約に賭けていたのですが、どこも受付終了。あぁぁぁ~~~。。。
名古屋在住の友人に聞くと、朝7時台には会場に到着し、入場したら即当日予約をゲットするのが正しいそうです。
恐ろしいことだ。

感想2:割り込みは大抵オジサン・オバサン

とにかく、どこに入るにも、何を食べるにも、行列!!!
そして必ずいるのが、脇からグイグイ割り込む人、大抵はオジサン・オバサン。かなり疲れているのでイライラしてしまいました。でもそんな中、朝のリニモ行列で、一人でグイグイと割り込みをするオジイサンがいて、最初は「なに?この人はぁ~」とお怒りモードだったのですが、ふとその人のスニーカーを見ると、名前がカタカナで書いてあったのです。それを見たら可笑しくなってしまって、怒りは吹き飛んで、妙に可愛く思えてしまいました。碁会所に通ってるのかな?と勝手な想像。その後も上手にショートカットをしてその人は我々のはるか前方に。100人くらい前に行ったかな?「とぼけた顔してグイグイ行くねぇ~」と和ませてもらいました。開場では一度も会えず、残念でした。

感想3:モリゾー(万博のキャラクター、大きいほう)が可愛くない

万博キャラクターグッズがいろいろ販売されていたようですが、会場内で我々の眼を引いたのはモリゾーのカウボーイハットを被っていた人たち。強烈でした。イヤハヤ

昼前に「もう帰ろうか」とかブツブツ言ったりしていましたが、気を取り直して企業パビリオンは諦めて各国パビリオンを巡りました。殆どの国のパビリオンでお土産品が販売されていて、博覧会というより物産展のような雰囲気だったのだが、万博ってそういうもの?
暑くて暑くて、汗びっちょりになったクウネルタベルは途中で持参したTシャツに着替えたりしてました。日傘は必須アイテムだったかも。

とにかく結論:もう万博には行かない

日本以外で開催されるときもこんなに混雑するのかなぁ?
と話していたら、他にも同じ会話をしている人たちが。みんな同じことを考えるのですね。

帰りに名古屋駅で食べたひつまぶしが一番思い出深かったりして・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK教育

にほんごであそぼ

ピタゴラスイッチ

が好き。何回か見ただけだけど、面白い。
いつもここから(悲しいとき~!の二人)と一緒にアルゴリズム体操をしてみた。
一人で。ワハハ

| | コメント (4)

肉豆腐

テレビCMで「肉豆腐が食べたい」と言っていた。
それが「リックドムが食べたい」と聞こえた。(-_-)

クウネルタベルのガンダム熱の影響か。ウウウ~やだよぅ。

| | コメント (0)

炭酸水

クウネルタベルは炭酸が大好き。シュワシュワ感がたまらないらしい。
ジュースばかり飲んでいたら体に悪い。
ということで、最近は専ら炭酸水を飲んでいる。

いつものように会社帰りにコンビニで炭酸水を4本買ったクウネルタベル。
そこにいた子供が彼をじっ・・・と見ていた。と思ったら「ただの炭酸水、買っていいでしょ?」と母親にねだり始めたそうだ。それもしつこく。母親は「ダメ」の一点張り。
クウネルタベルが来る前に「ママ、これなぁに?」「ただの炭酸水よ」という会話があったのだろうか。
「ひょーーー!大変!」と思ったクウネルタベル、心の中で「ゴメンナサイ」と呟きながら会計を済ませ、そそくさと店を後にしたそうな。

その子は買ってもらえたのかな?

| | コメント (0)

宣伝文句

映画、チャーリーとチョコレート工場のCMで「J・デップ史上No.1!」と言っている。

その度に我が家では「何が?」と突っ込みの声。何が一番なんだろう・・・

| | コメント (0)

おしろい選び 続き

いろいろお店で見た結果、コストパフォーマンスがいいので、Rutinaのパール入りのルースパウダーにしようかな。今までパール入りって使ったことないのでチャレンジ!です。ドラッグストアで30%引きの時に買おうかと。

ルースパウダーはケースが大きいので、持ち歩き用のプレストパウダーも買う必要があるのかな。そしたら割高になっちゃうぞ。ムム~。しかし思い返せば外出先で化粧直しってしたことが無い私なのでした(口紅を塗り直す程度だけ)。オホホ。

雑誌で見たピエヌのグラマラスグロスマスカラに興味津々だったが、お店で見かけず。マキアージュに取って代わられたのか?お安めラインのffで似たようなマスカラ発見!これも買ってみようかな。

| | コメント (0)

セミ

かれこれ5日ほどになるだろうか、我が家のベランダにセミの死骸が転がっている。

最初に発見したのはクウネルタベルだったが、その時はまだ生きていて、「いま掴むとジジジーーッとバタつきうだから」と放置。いまとなってはジジッとも言わず、じっと横たわるのみ(駄ジャレ!?)。
虫の中でもセミがトップクラスで嫌いな私に、そのセミが触れる筈もなく、現在に至っている。

20センチほど移動させれば、地面に落とせるのに。ベランダにいたんじゃあ、アリも来ないからちっとも分解されないよ。このまま放置していたら、いつかは消えてなくなるのか?はて。

実家で昔買っていた犬は、転がっているセミをくわえてはジャコジャコ噛んでいた。あれは食べていたのか・・・?
犬はセミをたべるものなのだろうか。

いざとなったら割り箸でつかむしかないな・・・それもチョット嫌だけど。

| | コメント (0)

万博の楽しみ方

クウネルタベルが開催期間終了間近の「万博に行きたい!」と騒いでいる。
日本で自分が生きているうちに万博が開催されるのはこれが最後じゃないか、と。
それもそうかな・・・?

友人もやはり万博へ行く計画を立てている。
彼女は、興味があるがなかなか行けない国のパビリオンなどを回り、その国の雰囲気を味わう、というコンセプトだ。
クウネルタベルは会社の同僚にその話をしたそう。
同僚たちは「それが正しい万博の楽しみ方だ!」「リニアモーターカーに乗りたがっている場合じゃない」と、いたく感銘を受けていたらしい。

因みにクウネルタベルは「最先端の科学技術を見たい」とトヨタのパビリオンに興味津々だった。
が、テレビでトヨタ館に並ぶ長蛇の列を見て(3~4時間待ち!)、あっさり断念。

一泊で行く予定だったが、ツアーが完売していたこともあり、日帰りになりそう。
きっと人混みに疲れ果てて帰ってくるんだろうな・・・

| | コメント (0)

少女たちの遺言 ☆

ホラーと言われてみたのですが、全くホラーではなくガッカリ。
一人の生徒の自殺をめぐってストーリーが展開する、女子高校内の一日の出来事。高校生という年代の女の子たち特有の心理状態というか、そういうものを描きたかったのかと思うが、つまんなーーい、中途半端な感じ。
まったく見るだけムダな映画でした。

交換日記を拾う女の子が可愛かった。

私は、韓国ホラーとは相性悪いみたい。
面白いと思ったことないのよね。。。

| | コメント (0)

クウネルタベルの勘違い語録(其の二)

クウネルタベルが言いました。
「メイコウフウビ」
私「・・・・?・・・・風光明媚じゃない?」
彼はこういう勘違いが多い。

| | コメント (0)

コオロギ

ゆうべ、お風呂に入ったらコオロギがいた。
外で見るぶんには何ともないのに室内で見るとビックリ!
焦ってしまってシャワーをかけたら、排水溝に流れていってしまった・・・
あ~ゴメンナサイ
可哀想なことをしました。

それにしてもドコから風呂場に入ってきたんだろう??

| | コメント (2)

ラブNHK

NHKが好きです。
って、そんなにヘビーウォッチャーではないけど。
なんとなく安心。
番組も、いいものが多い気がします。
NHKアナウンサーはみなさん「聞き取りやすい」のは勿論だが、「賢そう」「落ち着いてる」のが好き。
民放を見ていると「どうしてこんな人がアナウンサーに?」と思うことがあるのですが、
NHKでは殆どありませんね。

きょうの料理
後藤繁榮アナウンサーが大好き!!
ほんわかした雰囲気が素敵で、こんな旦那様&お父さんっていいなぁと思う。
たまにヘンなダジャレを言うんだけど、お料理の先生たちに軽く流されてしまうあたりが面白い。
ダジャレの相手する人がひとりもいない、っていうのはどういうこと?
打ち合わせで「後藤のダジャレは無視してください」といわれているのだろうか。
彼を初めて見たときは(5年くらい前?)目加田頼子アナウンサーも一緒に出ていたのだが、
目加田さんの後藤さんのあしらい方の冷たいこと!それを見るのがヤミツキになってしまった。
今でもザッピング中、きょうの料理に後藤さんが出ていると、そこでスト~ップ。つい見てしまうのです。

英語でしゃべらナイト
松本和也アナウンサーが面白い。
クウネルタベルは、ニュース番組で原稿を読む松本アナを初めて見たとき
「この人、どこかで見たなぁ?」
毎週見ているのに、同じ人だと認識できなかったらしい。
しばらく経って「ミスター松本だ!」と気付き、興奮していた。
パックン英検も、夫婦二人で楽しんでます。

好きなアナウンサー
上田早苗さん。むかし朝の番組でレポートしていたころ大好きだった。
有働由美子さん。安心して見ていられます。朝の番組に出ていた頃から好き。
伊藤博英さん。内多勝康さん。ステキです。

気になるアナウンサー
松平定知さん。スーツがピチピチなの。気になるぅ~~。

おまけ
お天気キャスターの平井信行さん。
昔、朝の番組に出ていた頃から大好き!
平井さんが「おはようございます」と言うのに合わせて
テレビの前で「おはようございます!」と挨拶していました。
今も平井さんを見ると「平井さんだ!こんばんは~」と挨拶しています。

おまけ2
趣味の園芸の柳生真吾さん。
最初は親の七光りで出演してるのかと思っていたのだけど
何度か見るうちに好きになりました。
とても感じのいい人です。

興奮してたくさん書いちゃった。ワハハ

| | コメント (2)

ニアリーイコール

週末は友人と食事会。
「黒ワンピじゃあ夏っぽすぎるかなぁ」と言ったら、クウネルタベルが「ニヒヒ」と笑った。
「なんで笑ったの?」
「芋ケンピみたい」
クウネルタベルの耳には「黒ワンピ≒芋ケンピ」らしい。

| | コメント (2)

4人の食卓 ★

4人の食卓という韓国映画を見た。

ホラーかと思ったら違った。
普通・・・な感じだった。
どうして主役の家に死んだ姉妹が現れるのかは全くわからず。
オチも中途半端だし。
チョン・ジヒョン演じる女性が「私を信じてよ」と言ってるだけの映画?
うぅ~む。

母に借りたビデオテープだったのだが、「消さないでね」と言われた。
母はホラーは見ないのに?と思っていたら
主役がドラマ「バリの恋人」に出ていた人(名前わからず)だった。
母はこの夏、このドラマを見て彼が良かったと言っていたので、
それで見たくなったんだな。きっと。ププ

| | コメント (0)

友達たち?

テレビを見ていたら、「友達たちと・・・」と話している人がいた。
友達たち、という言い方に違和感を覚えた。
日曜日の日、みたいな違和感。
でも、♪今日の日はさようならまた会う日まで
って歌もあるなぁ。
とかグルグル考えた。

その後しばらくして、ふと
子供たち、がアリなら、
友達たち、もありなのかなぁ~。
と、またグルグル考えた。

| | コメント (0)

メ~モリ~♪

最近テレビを見ていて気になる人物。飯島愛。

化粧がすごいぞ。どうした?このごろ見かけた番組全てで、「シャドー&ハイライト入れてます!」って顔になってる。誰か注意してあげたほうがいいのでは。と、ヒトゴトながら気になる。

クウネルタベルは彼女を見て「キャッツみたいだね」

確かに。。。我が家ではそれ以来、飯島愛を「キャッツ飯島」と呼んでいる。

| | コメント (2)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »