« ニアリーイコール | トップページ | アルバイト »

クウネルタベル・パパ

クウネルタベルの父、クウネルタベル・パパは耳が遠いです。テレビを見るときの音量はとっても大きいです。カセットテープで音楽を聴くときも音量は大きいです。会話をするには大きな声で話しかけないと返事をしてくれません。クウネルタベル・パパは補聴器という、音が大きく聞こえるようになる機械を買おうかと悩んでいました。

そんなある日、クウネルタベル・パパが耳鳴りがすると言い出しました。病気かもしれません。クウネルタベル・パパは病院へ行きました。お医者さんが、クウネルタベル・パパの両耳を覗きました。そして、大きな大きな耳垢を取り出してくれました。すると、クウネルタベル・パパの耳はとってもよく聞こえるようになりました。今までのようにクウネルタベル・ママが大きな声で話しかけると「うるさい!」と怒るようになりましたとさ。

めでたし、めでたし。

クウネルタベル・パパはお風呂大好きの綺麗好きさんの筈なのですが。どうしてそんなことになったのでしょう。綿棒で耳掃除していて、耳垢を押し込んじゃっていたのかな、勝手に推測。
因みに、カセットテープで聞いている音楽は演歌です、お気に入りの若手演歌歌手がいて、彼女が出演するイベントにせっせと通っているそうです。かわいいねぇ。

|

« ニアリーイコール | トップページ | アルバイト »

コメント

よかったよかった。でもどれくらいの期間、耳が聞こえなかったの?
なんか、私も綿棒派だから、ちょっと心配になってきた。耳鼻科行こうかしら。声大きいのは耳が遠いからだって言われるし。

投稿: viola | 2005/10/21 00:07

祖父も耳が聞こえなくなり耳鼻科に行ったらそれはそれは大きな耳垢がとれた、という話を聞いたことがあります。そしてクウネルタベル・パパ同様、祖父もお風呂好き、キレイ好き。それはもう超がつくほどの。violaちゃんも行っとく?

投稿: rainbow | 2005/10/21 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニアリーイコール | トップページ | アルバイト »