« 小さなハテナ | トップページ | いつもありがとう »

チャーリーとチョコレート工場 ★★★☆

ジョニーデップの白塗りメイクが噂の、チャーリーとチョコレート工場を見てきました。

ティム・バートンの世界が炸裂!ファンタジックな映像が素敵。
どこを切っても絵になる。って言うと岩井俊二を思い出すが、ティム作品のほうがポップ、カラッとしてる。岩井は情緒的、ちょっと湿度高め。私の主観ですが。
音楽もいいです。

一番楽しめたのは、こびと族のウンパ・ルンパたち。みんなで歌って踊ったり(この曲がどれも楽しい)。なにせジョニデ以外の工場の従業員は全員ウンパ・ルンパ。一人ずつ出るたびに「ニヒヒ」と笑ってしまいました。彼らはモチロン、一人の人が演じております。
チャーリーのおじいちゃんたちもカワイイ。

原作は読んだことないんだけど、子供向けの本なんだろうなぁ~という内容で、メッセージはとても分かりやすいです。でもこの映画はメッセージ云々より映像を楽しむものだろうと思うので、見るなら是非劇場でどうぞ!
見たら、ボタン一つでいろんな所へ行けるエレベーター、欲しくなっちゃうこと請け合いです(笑)。

予告編でティムバートン監督作「コープスブライド」が紹介されていました。マペットを使ったアニメーション(って言うのかしら)です。TDRのホーンテッドマンションで「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」が使われたのって、この新作映画の宣伝もあったりして・・・なんていうのは考えすぎかしら?

|

« 小さなハテナ | トップページ | いつもありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さなハテナ | トップページ | いつもありがとう »