« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

サボっている間に見た映画たち

ほぼ2ヶ月、ご無沙汰していた間に見た映画について。

親切なクムジャさん ★★★★
パク・チャヌク監督の復讐三部作の三作目、ということですが、一作目『復讐者に憐れみを』、二作目『オールド・ボーイ』とも未見の私・・・。イ・ヨンエの良さもよくわからず、「韓国人女優は肌が綺麗なイメージがあるけど、この人はそうじゃないなぁ」という点が気になる。「赤いアイシャドウ、いいなぁ。深津絵里が赤いアイラインしてたのも可愛かったなぁ」なども考える。昔から、人と視点がちょっとズレている、と自分自身思っております、ハイ(苦笑)。
誘拐殺人の罪を被って服役したクムジャが、自分を陥れた男に復讐を果たす・・・というストーリーですが、クセのある役者たちが脇を固め、話もよくできているし、なかなか良い出来栄えの映画です。見ようか迷っている人には、見ることをお勧めします。復讐シーンは凄まじく、迫力があります。
ただ、拳銃の飾りを作る意味がわからない。必要?どうして?何か意味があるの?美意識?
娘役の子が可愛いですね。ケーキ屋の男の子もかわいい(笑)。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(シリーズ4作目) ★★★☆
最近やっと5作目の『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』が図書館からやってきて、読み始めたものの、前作までのストーリーを殆ど覚えていないので、前作までのストーリーありきで進む内容にいまひとつついて行けずにいた所に、この映画です。4作目の映画化作品なので、おさらいの意味で見ました。テレビCMを見ても、主役たちが大きくなっているので、いかにも子供映画的雰囲気から脱しているようだし。
ストーリーは、ぼんやりした記憶の小説の内容と比べて、細部は異なる気がするものの、よく出来ています。「ハリーがドラゴンと戦う場面はこんなに飛び回ってないのでは?箒で飛ぶシーンがここしかないから、見せ場とばかりに長くしたのかな」という点は気になったものの、それ以外は楽しめました。ダンスパーティーのパートナーを誘うのに大騒ぎする少年たちを見ていたら、とっても可愛らしくて、「若いっていいなぁ~」という気持ちに。オバサン!?
ダイナミックなCG映像などが見所の一つなので、この映画を見るなら劇場がいいですね。
ハリーのあごが割れてきているのも、気になるところではありますね。

Mr.andMrs.Smith ★★★
結婚間近か、と噂されているブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー主演ということで話題の映画ですが、かなり面白そうなのでワクワクして見に行きました。女子高校生たちが沢山見に来ていて、ちょっと浮き気味の私でしたが・・・。
ストーリーは、前半は面白かったが、ラストはアレッ!?という感じでおしまい。で、この二人は組織に追われなくなったの?とか、モヤモヤが残ります。娯楽映画なんだから細かいところは気にすんな、ってことなのか。
主役二人の演技は楽しいです。美しいから絵になるしね。アンジェリーナ・ジョリーのアクションを見るとつい『トゥームレイダー』かと思ってしまいますが(笑)。彼女は好きなので、主演映画は結構見てます、わは!
ってことで、主演二人が好きなら見ましょう。そうでないなら見なくていいよ。という映画です。劇場で見終わった女子高校生が言っていました「この二人が主役だから面白かった。違ったらそうでもないかな~」。誰もがそう思う映画だってことかも。

劇場に映画を見に行くと、予告編を見て「これは是非見たい!」と思う映画がありますね。
今は 『ナルニア国物語』 でしょうか、すっごく面白そう。映像にやられ気味です。
『ナルニア国物語』 といえば、アンソニー・ホプキンスがC.S.ルイス役の 『永遠の愛に生きて』 。お勧め!→この映画ではデブラ・ウィンガーが・・・、という内容で思い出すのは 『愛と追憶の日々』 。これまたお勧め!→この映画でデブラの母親役のシャーリー・マクレーンも好きなんです、彼女が出てる映画では、主役ではないけれど、『マグノリアの花たち』 もいい。なんて書いていると私の好む映画の傾向がわかりますね。
私の本領発揮の連想ゲーム状態になってしまいました。読みにくくてゴメンナサイ。

| | コメント (1)

お暇なら見てよね その2

本日、12月29日、深夜0:05~(正確には30日ですね)、NHK総合で 『おでんくんスペシャル』 があります。
時間がある方、ちょっと見てみて!前回のスペシャルを ”リリー・フランキー作” に興味を持って見たのですが、クウネルタベルと二人でハマってしまいました。なんとも可愛く、楽しいです。
今日はその後に 『ピタゴラスイッチデラックス』 なる番組もあるので、そちらも個人的には楽しみ。
テレビっ子のわれら夫妻は年末年始はテレビに釘付けになってしまいそうです。

今、私の横ではクウネルタベルが 『ダ・ヴィンチ・コード(ダン・ブラウン著/角川書店)』 を読んでいます。地元図書館に予約をしたのが春だったでしょうか。やっと回ってきました。クウネルタベルが読み終わったら、私も読む予定です。彼が読んでいるのを覗くと「今読んじゃったらつまらないでしょ!後でちゃんと読みなさい」と怒られます。私がそうしてプレッシャーをかけるせいか、内容が面白いのか、クウネルタベルは熱心に読んでいますよ!私も読んだら感想をお知らせいたしますね。

| | コメント (0)

気になる掲示物

__pic_0163その1
私の街にもあったのです。アネハ系。
いやはや・・・。
クウネルタベルは、マンション広告を見るのが趣味なので、以前からヒューザーの物件はおかしいと言っていました。
この建物は建築途中で覆いがかかった状態です。その脇の路地が通行禁止になっていました。
これから取り壊すのかな?今日、近くを通ったら、なにやらカンカンと音が響いていました。
建築基準法第二十条とは、安全な構造でなくてはならない、といったものです。ということは ”~規定に反する建築物が~” というような表現でなくてはならないのでは。という点も気になるところではあります。

その2__pic_0162
近くの市場に貼ってあったのですが、かなり凄そうです。興味津々。しかし、開催時間がわかんないよー!早起きは三文の得、とか言ってるし、早朝からなの?ムムゥ

| | コメント (0)

気になるCM

最近、かなりお気に入りのCMがある。
インテルの、お医者さんが子供に注射するCM。
あのお医者さんがすっごい可愛い!子供にニカッと笑いかける(そして泣かれる)顔や、注射をうつときのしめしめ顔。
もう、夢中です。30秒バージョンなんか最高にいい。CMを見ながら、笑いっぱなしです。
ずうっと放送してほしいなぁ・・・(*'- ')

もうひとつ、気になるのは
マックスファクターの目元シートのCM。桃井かおりがホームパーティーの準備をしているのだが、スパゲティを鍋に入れたときの音が「ガシャン」って。明らかに、空の鍋ですよね。お湯、入ってませんよね。どーでもいいんだけど、見るたびに気になるのです。

| | コメント (0)

クールビズ

先日、友人が「良い運気は襟元から入ってくるから、タートルネックは良い運気を締め出す服なんだよ」と言っていました。ほほーっと感心し、クウネルタベルにもその話をしました。
「でしょーー!ボクなんか常にノーネクタイで、良い運気を取り込みまくりですよ!」と大興奮。通勤時のみならず、職場でもノーネクタイらしい。同僚に「おっ、いまだにクールビズ?」と言われ、「ウン、ボクは生きてるだけでウォームビズだから」と答えたらしい。太ってるから暑いってことなの?(ToT)

| | コメント (0)

お暇なら見てよね

私の好きな映画 『ジョゼと虎と魚たち』 が来る12月30日の深夜にテレビ東京で放送されるみたいです。お暇でしたら、見てみてくださいませ。みなさまの感想など聞きたいですわ。

映画がテレビで放送される・・・と言えば、先日、私の好きなアニメ 『カウボーイビバップ』 劇場版がNHKハイビジョンで放送されていました。いやー興奮しました。「NHKで放送!?」って。(笑)

| | コメント (5)

ブーブークラクション

クウネルタベルがおなら怪獣だということは以前にも書いたが、彼は自転車に乗っているときも、怪獣っぷりを発揮しているらしい。ある朝、駅に向かう途中で、自転車に乗りながらおならをしたクウネルタベル。彼の予想に反し、その音はとっても大きかった。「ブブーー」前を歩いていたおばさんがビックリして避けたらしい。ホントかな?
クウネルタベルは「ブーブークラクション」と名付けて、お気に入りの様子。そのクラクションはあまり使わないでね。

| | コメント (0)

お腹の肉、つまめますか?

クウネルタベルがスポーツジムに通いはじめてす2ヶ月ほどになります。
自転車マシン&坂道のぼりマシンで、各日の目標カロリーを消費しているそう。「筋トレはしないの?」「筋トレは、体重があと10キロ落ちたら。脂肪を落としてからじゃないと」とのこと。平日も会社帰りにジムに行き、かなり頑張っています。しかし、肝心の体重は、最初の2週で4Kg落ちてからは一進一退を繰り返している様子・・・と思っていたら、最近、お腹の肉がつまめるようになってきました。
内臓脂肪型肥満の場合、肉がつまめないらしいのです。クウネルタベルもハンプティダンプティのようにお腹は出ているものの、その肉をつまむことができなかったのです。そんなパンパンだったお腹がプヨプヨと柔らかく、脂肪らしく変化してきました。これは良い変化だ!と我が家では大喜びです。

ジム通いを始める前に、いろんな部分のサイズを測っておけば、変化がより感じられたのかも。失敗だなぁ。

| | コメント (0)

ご無沙汰です

いやはや、しばらく更新できず、ご心配をお掛けいたしました。

短期のアルバイトで、久しぶりに仕事をすると思いのほか精神的疲労がたまるのか、パソコンに向かう気になれず。これはトシのせいなのでしょうか。
自分自身を、昔に比べて穏やかになったと思っていたのですが、アルバイト先で日本語の通じない男性に半ギレしてしまい、私もまだまだ青いと反省しました。・・・って、その相手は私より10歳ほど年上だったのですが。わはは。

そんな(どんな?)アルバイトも無事終了して、気づけば年の瀬です。大掃除をしなくてはならないのですが、一番汚れが気になる窓は、寒いし、夏に掃除したし、もう少し暖かくなってからでいいかな・・・という理由で放置。二番目に気になる冷蔵庫は、冷凍庫がお歳暮・作り置き・買い置きのものたちでパンパンなので、それを片付けてから・・・という理由で放置。
毎年、大掃除の時期になると考えるのですが、なぜ冬に大掃除なのでしょう。スッキリ綺麗な我が家で新しい年を迎えるため、というのは解るのですが、それ以外にも何か理由があるのでしょうか。冬に家の窓を開け放って掃除するのは、寒いし、空気が乾燥しているからホコリがフワフワしてうまく取れない気がするし。濡れ拭きのあと、すぐ乾くという利点はあるかも。でもでも、やっぱり、寒い中での大掃除によって風邪を引いてしまう人が日本中に沢山いるのではないかと思うのです。ってことで、大掃除は夏にしたい私。水をさわるのも苦にならないしね。
というわけで、掃除はさておき、片付けをしたい我が家です。捨てられない夫婦なので、モノが溢れかえっています。先日もクウネルタベルと「読んでない本、捨てれば?」「捨てませんよ!あなたもこのマンガたち、捨てれば?」「ダメだよ!それは資産なんだから」「えっ、資産なの?わはは」というやりとりをしました。どっちがクウネルタベルでどっちが私か、だいたいお分かりかと(笑)。
それから、最近やっと箱から出したプリンターと箱の置き場に困っています。PCなど捨てるときに箱があるほうが高く売れるということで取っておく、これは貧乏性。捨てるまでの数年間、箱の分のスペースを有効活用することと、売るときに箱があることでつく金額と、天秤に掛けたときにどちらが大きいのか。悩みつつも箱が捨てられないのです。トホホ

いままで書けなかった分、この先数日でガバチョと書き込むかもしれません。いつものくだらない話ではありますが、お付き合いくださいませネ。

| | コメント (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »