« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

エビモエに夢中

若い女の子たちにとっては、そうではないのだろうけれど、私達にとっては突如吹き荒れ始めたエビちゃん&もえちゃん旋風。

初めて”エビちゃん”を認識したのは、マクドナルドのCMであろうか?
彼女を見て感じた違和感、クウネルタベルも感じていたようです。
「なんだか、イラッとする」
何がそう思わせるのか?鼻にかかった声?表情のキメ方?自らを「エビちゃん」と言うこと?(それはアイドル時代の酒井法子を思い出させる・古い?)

彼女、蛯原友里サンは、いまや女性ファッション誌で売上No1であるとかないとか・・・のCanCamモデルである。彼女が雑誌で着た洋服は、即完売になるそうだ。そんな情報をクウネルタベルにも提供。「すごいねー!」と感心しきり。

クウネルタベルが彼女のCMをテレビで見て 「この人・・・」と言い(この時点では彼はエビちゃんだとわかっていないが、何かひっかかるようだ)、私が 「エビちゃんだよ」 「あ、これエビちゃんなの?」 という会話、何度か繰り返しました。
そのうち、私から 「あ、エビちゃんだよ!」 と言い、クウネルタベルが 「まじぃー?(興奮)」 と答えるのが流行。

クウネルタベルはA先輩と 「お前、この子知ってるか?」 「エビちゃんですよね」 「おっ、知ってるな!」 という会話をしたそう。オジサンたちは、すっかりエビちゃんに夢中。でも彼らには「若い子がみんなエビちゃんに見える」という弱点もあるみたい(笑)。

確かに可愛い、すっごく可愛い。でも何かひっかかる。
このブログを書くにあたり、”エビちゃん”の正しい名前がわからなかった私は、CanCamのサイトに行ってみました。モデルたちのプロフィールが載っています。誕生日、年が載っていませんが、何故でしょう?そんなことを思いつつ、エビちゃんの憧れている人を見ると『モデルのSHIHOさん』とあります。
なんということでしょう!SHIHOさんと言えば、宅配便のCM、これも我が家では不評だったのです。CMの中でことある毎に「キャー!」とも「ヒャー!」とも聞こえるワンパターンの奇声を発する彼女にイラッとする私たちでありました。そんな彼女に憧れるエビちゃん。彼女達には、私たちをイラッとさせるという共通項が確かにあるのでした。

エビちゃんを認識してしばらく経った頃、雑誌モデルを追った番組がありました。押切もえサンと彼女の二人がCanCamモデルのトップ2であるらしい。あれ、山田優はトップじゃないの?

そんなある日、もえちゃんをCMで見ました。エステCMです。それを見たときに 「あれ、これっていいのかな・・・」 と思っていたのですが、後にこのCMを見たクウネルタベルが同じ事を言ったのです。
「この女の人、顔大きくない?」
もえちゃんは玉木宏と顔を寄せ合うのですが、並んだ二人の顔、もえちゃんの方が大きい。女の方が男より大きいなんて!イメージ的にどうなの?事務所はOKなの?こんなこと気になっているのは私たちだけなの?
「この人も、エビちゃんと人気を二分するモデルさんらしいよ」と言うとクウネルタベルの驚きは更に大きくなるのでした。
玉木宏が出ているドラマをチェックすると、彼は顔が小さいようです。が、モデルさんも顔が小さいはずなのに・・・。もえちゃんにとって、このCMは失敗だったのでは。
クウネルタベルいわく 「あのCMだと、ハイヒールモモコに見えるよ」

エビちゃん&もえちゃん旋風はいつまで続くのでしょうか。彼女達から目が離せません。

| | コメント (0)

亀十のどら焼き

先日、うさぎやのどら焼きの美味しさに感激してから、「美味しいどら焼き」という言葉に敏感になっている私。

今回は、浅草亀十のどら焼きです。これが1個250円(税込み268円)と高級!ヒョエー
見た目はとら焼き(皮の焼き目がトラの模様のよう)。とら焼きって、あまり好きじゃないんだよなぁ。でもエイヤッと気合を入れて買ってみました。Photo_7

これが美味しかった!ビックリです。
皮が、ふわふわ、もちもち。口の中で、ほのかにコゲの匂い。プリンのカラメルもちょっと苦味があるのが好きな私には好ましいです。
でも、250円かぁ。どら焼きにしては高いなぁ。たまに食べるならいいかな。お土産とか。

うさぎやも、今回の亀十も、あんは普通なんですね、どら焼きを 「美味しい!」 と思うのは、皮がポイントなのかな。

美味しいどら焼き情報、お待ちしております。ムフ。

| | コメント (0)

フリスビーではなく・・・

先日来、話題に出ていたフリスビーですが、ついに購入してしまいました!うっしっし。

といざらすに行き、フリスビーを探すと、ありました~。
と、その横にあるのは?おぉ、これが噂の エアロビー !!Photo_6

友人Sちゃんに 「フリスビーが楽しかった」 と話したとき、 「エアロビーっていうのがあって、すごく飛ぶんだよ」 と聞いていたのです。
なになに、グリップ部分がゴムなのでキャッチするときも痛くない、なるほど、それは良い。
エアロビーにはいろいろ種類があって、直径20センチほどのグニャグニャした円盤、一般的フリスビーサイズ直径25センチほどの円盤、直径25センチほどのリング、直径30センチほどのリング、三角形のものがありました。ネットで調べたら、三角形のものはブーメランのように遊ぶそう。面白そうですね。
私は、フリスビーと迷ったのですが、軽くて持ち歩くのもラクチンかと、25センチのリング型を購入しました。Photo_5

購入してはみたものの、遊ぶ場所が近所にないので、試してみるのはクウネルタベルか私、どちらかの実家に遊びに行くときになりそうです。
クウネルタベルの実家の近くには広い公園があるのです。写真はGWに行ったときに撮りました。 遠くのほうにコイノボリが泳いでいるのですが、見えないね・・・。

| | コメント (0)

GWにいったところ その2

クウネルタベルが会社の人たちと行って気に入っている焼肉やに行きました。

新宿、歌舞伎町のハズレにある 京苑 というお店です。焼肉はもちろん、レバ刺しがすごく美味しいんだよ!と聞かされて、ワクワク。
久しぶりの新宿は、若者が沢山いて、思うように歩けない!すごいなぁ~と、すっかりオノボリサン状態の私、っていうか実際オノボリサンなのか・・・(苦笑)。01__2

さて、お店では焼肉のタン塩、カルビ、ハラミ、ロース、ほかにレバブツ切り、チャプチェ、海鮮チヂミを頼みました。トシなのか、油っぽい焼肉があまり食べられません。。。このお店のお肉は、全体に脂が多い気がして、少し辛い。若い人向けかな。
焼肉のお味ですが、値段の割には?って感じです。隣の席の、女の子連れのお兄さんは「ここの焼肉食べると、他の店のはもう食べられなくなるんだよね~」と言っていましたが、そうでもないよ。
クウネルタベルのオススメ、レバブツ切りは、美味しかったです。レバー独特の臭みがないので、とても食べやすい。ただ、二人で食べるには量が多すぎましたが・・・(笑)。大勢で行って食べてみることをオススメします!

別の日ですが、松戸にある バンダイミュージアム に行きました。お目当ては ガンダムミュージアム です。実寸大(っていうの?)ガンダムの上半身や、ザクの頭などが展示されています。リフトに乗ってガンダムの顔を間近に見ることができますが(有料)、これを申し込むと、連邦軍の制服などを着ることができる!カップルで着ている人たちがいました・・・すごいなぁ。銃の試し撃ちコーナーもあったぞ(もちろん有料)。ふと部屋の隅を見ると、アムロ人形が立っている。わはは!

そんなこんなを写真に撮ればよかったの05ですが、すっかり呆気にとられて、撮るのを忘れていました。あーあ。 02

ミュージアムの外にはガンダムグッズ売り場が。プラモデル、こんなに出てるんだ~。Tシャツやスニーカーもある。   
そんな中、一番笑えたのが、シャアのフィギュア。全然似てない!おまけについている小物が、ワイングラスとか、アクセサリー(流行のドクロモチーフ!細かい!)とか、ちょっとお洒落でハイソな感じ。ポップにはこんなシャアのセリフが・・・ 『さあ、早く私を手に取ってみたまえ』 『今回を逃したら、次は無いと思いたまえ』 だって。お値段、なんと\13,440!買う人、いるのかなぁ~。いるんだろうなぁ~。

| | コメント (0)

黒ゴマ生八つ橋

先日、おたべ 黒ごまの生八つ橋 をいただきました。これが美味しい!Photo_3

クウネルタベルは八つ橋のニッキが苦手だそうですが、これにはニッキが入っていないので、かなり気に入った様子でした。パクパクとあっというまに二人で一箱(10個)完食してしまいました。

京都に行くことがあったら、お試しアレ。

| | コメント (0)

GWに行ったところ その1

ゴールデンウィーク、終わりましたね・・・クウネルタベルはガックリしています。
みなさんはどんな休日の過ごし方をしましたか?我が家は特別な予定は何も無かったのですが、やりたいことリストを作成して、それを実行することにしました。

【 リスト 】
・うなぎを食べに行く
・フリスビーをする
・漫画喫茶に行く
・カラオケに行く
・ボウリングに行く
・銀座の中華を食べに行く
・焼肉を食べに行く
・寿司を食べに行く
・新橋のお好み焼きを食べに行く

食べに行くことばっかり。ワハハ!
調べてみると、新橋のお好み焼きは祝日は休みでした。残念。

まずはうなぎだ~!!
最初は浅草にいくつもりだったのですが、調査してみると「野田岩」というお店が美味しいらしい、となりました。お天気のいい日に早起きして、開店時間を20分くらい過ぎてお店に着きました。店内のテーブルはいっぱいで、待っている人も5人いました。私達が入ると、「待っている人が多くなったので・・・」と、待っていた人たち全員は別館に案内されました。
別館も本館同様、素敵な店内です、雰囲気あります。大正ロマン調かしら。「素敵だね、外国の人はこういう店、喜ぶのかな」と言うと、「外国の人はうなぎ食べないんじゃない?」とクウネルタベル。そうかもね☆
メニューを見て、白焼きもうな重も食べたいよね~と、7200円のコースを注文。
まずは緑茶が出てきました。ふとテーブルの上を見ると、箸置きがうなぎの形でカワユイ。
01__1

うなぎだニョロ。

お茶は2杯目からは、番茶です。ゴクゴク。

02_1品目:にこごり(うなぎ入り)、そらまめ

個人的には、にこごりの中はうなぎじゃないほうがいいなぁ。クウネルタベルはお気に入りのようでした。
そらまめの皮って、食べるもの?クウネルタベルは皮ごと食べます。

03_ 2品目:白焼き

ふわふわです。まずは何もつけずに。次は塩で。次はわさび醤油で。わさび醤油が美味しい。
クウネルタベルは、「ドロくさい」と、少しご不満の様子。

04_ 3品目:茶碗蒸し
     うなぎ、ふかひれ入り

またうなぎ入り!なにも全てにうなぎを入れなくても・・・。ちょっとしつこく感じます。

07_

06_ 08__1

4品目:うな重、吸い物(きも入り)、漬物、大根おろし
大根おろしは口直しに、とのこと。白焼き同様、フワフワです。味も濃すぎず、薄すぎず、上品な感じ。
私はもう少し香ばしさが欲しいな。それから、味も気持ち濃い目が好きかも。

09_ 5品目:デザート・メロン

と、いうことで、美味しくいただきました!
「また来たい!」とは思わないけど、誰かに誘われたら付き合ってもいいかな、という感じ。そのときはコースじゃなくて単品にします(笑)。

野田岩を出た後、麻布十番のたい焼きが食べたい!と歩いて麻布十番へ。お天気が良くて、気持ちよく歩けました。麻布十番商店街に着いて、たい焼きやに行くと、次に焼きあがる時間は1時間後だって・・・どういうシステムなのか良く解らないけど、そんなに待っていられないので、たい焼きはあきらめました。残念だぁ。
クウネルタベルが「六本木ヒルズを見てみたい」と言うので、そのまま歩いて六本木ヒルズを見学。どこを歩くとどこに出るやら、キョロキョロしまくりの私たちでした。オホホ
さすがに疲れたので、地下鉄に乗って汐留へ移動して、クウネルタベルの見たがっていたナショナルのショウルームに行きました。キッチン、洗面所、お風呂、リビング・・・インテリアや家電がズラッと並ぶ4フロアのショウルーム、見て回ると結構楽しいです。家電が展示してあるフロアでは、乗馬マシンが試せる!興味津々、でも1人で試すのは恥ずかしい。クウネルタベルに「お試ししてみようよ」と言ったのですが、断られました(4台くらい置いてあるので一緒に試せるのです)、がっかり。誰か、一緒に汐留に行ったときは試しましょう~。このショウルーム私が好きなのが、トイレ!最新のウォシュレット(?)、おしりを泡で洗えるんです。面白い~♪このウォシュレットはここでしかお目にかかったことがありません。でも、泡がフワーッとおしりにくっついただけで、果たして綺麗になるのか、よくわかりません・・・。どんな泡が、どんな風についているのか、見えないのが悔しいところです。(笑)
歩き回ってお疲れ様、と喫茶店でケーキセットを食べた後、解散。クウネルタベルは空手の練習に行き、私はまっすぐ帰宅したのでした。

早起きしてお出かけ、散歩もしたし、なかなか充実した休日でした。

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »