« 亀十のどら焼き | トップページ | 風邪をひきました »

エビモエに夢中

若い女の子たちにとっては、そうではないのだろうけれど、私達にとっては突如吹き荒れ始めたエビちゃん&もえちゃん旋風。

初めて”エビちゃん”を認識したのは、マクドナルドのCMであろうか?
彼女を見て感じた違和感、クウネルタベルも感じていたようです。
「なんだか、イラッとする」
何がそう思わせるのか?鼻にかかった声?表情のキメ方?自らを「エビちゃん」と言うこと?(それはアイドル時代の酒井法子を思い出させる・古い?)

彼女、蛯原友里サンは、いまや女性ファッション誌で売上No1であるとかないとか・・・のCanCamモデルである。彼女が雑誌で着た洋服は、即完売になるそうだ。そんな情報をクウネルタベルにも提供。「すごいねー!」と感心しきり。

クウネルタベルが彼女のCMをテレビで見て 「この人・・・」と言い(この時点では彼はエビちゃんだとわかっていないが、何かひっかかるようだ)、私が 「エビちゃんだよ」 「あ、これエビちゃんなの?」 という会話、何度か繰り返しました。
そのうち、私から 「あ、エビちゃんだよ!」 と言い、クウネルタベルが 「まじぃー?(興奮)」 と答えるのが流行。

クウネルタベルはA先輩と 「お前、この子知ってるか?」 「エビちゃんですよね」 「おっ、知ってるな!」 という会話をしたそう。オジサンたちは、すっかりエビちゃんに夢中。でも彼らには「若い子がみんなエビちゃんに見える」という弱点もあるみたい(笑)。

確かに可愛い、すっごく可愛い。でも何かひっかかる。
このブログを書くにあたり、”エビちゃん”の正しい名前がわからなかった私は、CanCamのサイトに行ってみました。モデルたちのプロフィールが載っています。誕生日、年が載っていませんが、何故でしょう?そんなことを思いつつ、エビちゃんの憧れている人を見ると『モデルのSHIHOさん』とあります。
なんということでしょう!SHIHOさんと言えば、宅配便のCM、これも我が家では不評だったのです。CMの中でことある毎に「キャー!」とも「ヒャー!」とも聞こえるワンパターンの奇声を発する彼女にイラッとする私たちでありました。そんな彼女に憧れるエビちゃん。彼女達には、私たちをイラッとさせるという共通項が確かにあるのでした。

エビちゃんを認識してしばらく経った頃、雑誌モデルを追った番組がありました。押切もえサンと彼女の二人がCanCamモデルのトップ2であるらしい。あれ、山田優はトップじゃないの?

そんなある日、もえちゃんをCMで見ました。エステCMです。それを見たときに 「あれ、これっていいのかな・・・」 と思っていたのですが、後にこのCMを見たクウネルタベルが同じ事を言ったのです。
「この女の人、顔大きくない?」
もえちゃんは玉木宏と顔を寄せ合うのですが、並んだ二人の顔、もえちゃんの方が大きい。女の方が男より大きいなんて!イメージ的にどうなの?事務所はOKなの?こんなこと気になっているのは私たちだけなの?
「この人も、エビちゃんと人気を二分するモデルさんらしいよ」と言うとクウネルタベルの驚きは更に大きくなるのでした。
玉木宏が出ているドラマをチェックすると、彼は顔が小さいようです。が、モデルさんも顔が小さいはずなのに・・・。もえちゃんにとって、このCMは失敗だったのでは。
クウネルタベルいわく 「あのCMだと、ハイヒールモモコに見えるよ」

エビちゃん&もえちゃん旋風はいつまで続くのでしょうか。彼女達から目が離せません。

|

« 亀十のどら焼き | トップページ | 風邪をひきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀十のどら焼き | トップページ | 風邪をひきました »