« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

モノマネ

クウネルタベルはモノマネが得意。

24のジャックバウアーの吹き替えマネについて、この前書いたが、同じく24からクロエの顔マネもします。
レニー・ゼルウィガーの顔マネとの違いがよく分からないのだけど(笑)
レニーちゃんとクロエは似てるっちゃあ似てるので、モノマネが似るのもやむなし、ってところか?

1番得意なのは、彼の祖父のマネらしい。家族に大ウケ。既に他界しているため、私には確認のしようがないのだが…

| | コメント (0)

なりきりジャック・バウアー

2〜3週前に24第6シーズンがテレビ放送されました。
レンタルして見るほどのファンではない私は、今までのシリーズ全てテレビ放送でチェックしており、今回もすかさず録画したわけですが。

第1話を見ていたら、たまたま部屋にいたクウネルタベル。今までのシリーズは全く見ていないのだけど、何故かハマってしまい、その週末は24祭。
「俺はージャックーバウアー♪」と歌いながら、レコーダーのリモコン片手にご機嫌さん。
私だけが見るなら一日に2〜3話、何日かに分けて見るのに…なかなかハードな週末でした。

テレビ放送には字幕は無く、吹き替えで見ていたのだが、クウネルタベルはジャックの吹き替えがいたく気に入ったようで、何かと「ビル、俺だぁ!」とモノマネ。

そんな週末、デパートで、トイレから出て来た私を迎えたクウネルタベル「遅い!なにやってる!」とモノマネ開始。
私も一緒になって、「グズグズするな!」などとジャックごっこをして遊んでいたところ、前を歩いていたおばあさんが怯えた表情で振り返り、横道に逸れて行ってしまいました。

あぁ、あなたに言ったんじゃないんです。
ごめんなさい…

迷惑な二人です。

あれだけジャックの真似ばかりしていたクウネルタベルですが、24話を見終わった途端に熱が冷めたようで、パッタリとしなくなりましたとさ。

| | コメント (0)

クライマーズ・ハイ★★★★

映画予告編を見て「面白そうだな」と思い、その後、待ち合わせの時間潰しに立ち寄った書店で購入。しばらく放置していましたが、読み始めたら面白さにビックリ。久々ヒット!

新聞社が舞台、登場人物はほぼ男性。話しの軸になる日航機墜落事故よりも、登場人物たちの描写が生々しく、彼らのぶつかり合い、その迫力はまるで映像を見ているかのような臨場感があり、グングン引き込まれる。
電車で座れても読み続け(いつもなら寝るのに!)、降りる駅に気付かず乗り過ごし(トホホ)…

主人公は「悠木」という名前。彼の心理描写を読んでいるとイラッとするのに、なぜか嫌いにならないのは名前のせいか?
「悠木」という字は、スラッとスマートな爽やかハンサムを想像させる。と思うのは私だけなのだろうか。
とはいえ、彼に主人公たりうる魅力を感じるまでには至らず、星一つマイナスです。この話しの主人公は、カッコ良くあってほしかった…と、感じるのです。

横山秀夫は初めて読んだが、他の作品も面白いのかな?
だったら是非、読んでみたいものだ。

映画、見ようか、どうしようか…(笑)

| | コメント (1)

金木犀

職場から最寄駅までの道で、漂う強烈なニオイ…

これはトイレの芳香剤だっ!と確信するも、歩く間、何度も漂ってくる。
ご近所さんが一斉に新しい芳香剤をセットして、皆がトイレの窓を開けている。なんて状況は考えにくい。
もしや、花か?とキョロキョロするも、姿は見えず。おっかしいなぁー。

と、話したら「金木犀だよ」と同僚が教えてくれた。「トイレの芳香剤って…」と呆れ顔で。

ここまでは去年の話し。
今年もまた今日からあのニオイが!
見上げた木に小さく黄色いポチポチを発見。花と認識するにはあまりに小さく、去年の私には見つけられなかった、美しいとは言い難い彼らは、集団パワーなのか、小さなボディから強烈なニオイを発しているのでした。

それにしても、そのニオイの強さは半端ではない。ニオイに弱い私、電車に乗った後も鼻にニオイが残っている気がして、胸が悪くなってきた…ぎもぢわるい…。

※私にとって「キンモクセイの香り」=「トイレの芳香剤」=「香りではなくニオイ」なのだ

| | コメント (3)

おなかいっぱい

今日は友人を招いてカレーランチパーティー。クウネルタベルはお出かけ。

無印良品で買ったタイレッドカレーと、なすとトマトのひき肉カレー。ナンも作ってみた(ナンミックスで、だけど!)。

それほど量を食べたつもりは無いのに、とーってもおなかいっぱい。
デザートのケーキ(お持たせで失礼!)も、お気に入りのケーキやさんのもので、幸せいっぱい。

おまけに秋mapleの温泉旅行も計画しました。ウヒ!たーのしみじゃぁぁぁ~~heart02

クウネルタベルはうなぎを食べたらしい。本当はひつまぶしが食べたくて、以前からネットでチェックしていたお店に行ったら、「うちはひつまぶしは無いですよ」って言われちゃったんだって。残念だったね~。
でも、うな重も美味しかったってsmile

| | コメント (1)

超熟のCM

小林聡美&もたいまさこが出ているパスコの食パンのテレビCMをご存知?

「かもめ食堂」シリーズで、いつも美味しそうなんだな、これが。

今回新しいシリーズが流れ始めたのだが。
録画した番組のCMを30秒スキップで飛ばしていて、一瞬映った、何かをソテーしているフライパン。「はぁっ!今のは何?美味しそう!」と興奮して巻き戻したところ、超熟のCMだったのでした。

CMの料理監修は、映画と同じ人なのかな。監督も同じかもしれないね。

映画「かもめ食堂」「めがね」は、我が家のお気に入り。
ほんわり、ゆったりした雰囲気と、美味しそうなご飯と、カッコイイもたいさん(シビれるぅ!その空気はCMにも流れてます)。DVDを買おうかと悩んどります。
オススメです。

| | コメント (2)

優雅なひととき

「優雅なひととき」と聞いて、人がイメージするものは様々。

クウネルタベルのブームはモーツァルト(疲れた心を癒す?)を聞いてゆったり過ごすこと。
コーヒーを入れて、お菓子をつまみつつ(このあたりがクウネルタベルたる所以か)、本を読んでいます。

「なんか、優雅なひととき、って感じだよね」そうだね
「カーディガンを着ているイメージ」は?
「カーディガンを着て、スリッパを履いているイメージ」それが優雅なイメージなの?
「そう。あと、ビンの中に船を作る」ボトルシップですか

私はやっぱり暖炉、バスローブ、ロッキングチェア、ブランデー、ペルシャ猫だなー(笑)

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »