« 金木犀 | トップページ | なりきりジャック・バウアー »

クライマーズ・ハイ★★★★

映画予告編を見て「面白そうだな」と思い、その後、待ち合わせの時間潰しに立ち寄った書店で購入。しばらく放置していましたが、読み始めたら面白さにビックリ。久々ヒット!

新聞社が舞台、登場人物はほぼ男性。話しの軸になる日航機墜落事故よりも、登場人物たちの描写が生々しく、彼らのぶつかり合い、その迫力はまるで映像を見ているかのような臨場感があり、グングン引き込まれる。
電車で座れても読み続け(いつもなら寝るのに!)、降りる駅に気付かず乗り過ごし(トホホ)…

主人公は「悠木」という名前。彼の心理描写を読んでいるとイラッとするのに、なぜか嫌いにならないのは名前のせいか?
「悠木」という字は、スラッとスマートな爽やかハンサムを想像させる。と思うのは私だけなのだろうか。
とはいえ、彼に主人公たりうる魅力を感じるまでには至らず、星一つマイナスです。この話しの主人公は、カッコ良くあってほしかった…と、感じるのです。

横山秀夫は初めて読んだが、他の作品も面白いのかな?
だったら是非、読んでみたいものだ。

映画、見ようか、どうしようか…(笑)

|

« 金木犀 | トップページ | なりきりジャック・バウアー »

コメント

気づきましたが、「半落ち」読んでました。おほほ

投稿: aquamouse | 2009/04/04 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金木犀 | トップページ | なりきりジャック・バウアー »