« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

IKEA

先日IKEAへ行きました。平日の夜だったので空いていて、今まで食べたことのないソフトクリームを食べてみました。
通常のものより一回り小さいのですが、なんと50円!味も美味しく、大満足でした。
写真とらなくて失敗。IKEAのサイトに写真あるかも?

| | コメント (0)

純一スタイル

今朝、結構な勢いで雨が降っていました。
普段は駅までクウネルタベルと2人で歩くのですが、雨だし、とバス停へ。すると20人くらい並んでいるではないですか。1〜2分間隔、時には数台連なってバスが来る路線なのに、おかしいなぁ…。しばらく待ちましたが、来る気配なし。立っているだけで腕や足が雨で濡れるし。このままでは遅刻するし。と、駅まで歩くことに。
約20分、バス通りを歩きましたが、我々を抜かしたバスは一台のみ。歩いて正解。しかし、足はグッショリ、靴の中まで水浸し。
もうやだ、帰りたい〜と思いましたが、今日は仕事で用事があったため、休むわけにはいかず…

途中、駅の売店で靴下を購入しました。

職場に着き、靴&靴下を脱ぎ、靴に新聞紙を詰め、ウェットティッシュで足を拭き、足下に新聞紙を敷いて、席に着いている間は裸足で1日過ごしました。
靴を履くときは裸足で。これぞ石田純一スタイル!カックイイ!(うそ)

少し乾きましたがまだ湿っている靴を履いての帰り道。朝購入した靴下がだんだん湿ってきております(>_<)やだー

| | コメント (6)

青森のお土産

青森のお土産
かずさんから頂きました。シャキシャキのりんごパイだって(*^□^*)
クウネルタベルに狙われてます、キケン!

| | コメント (2)

いと哀し…

職場から駅までの道すがら、ふと目についた、車道に転がる白い物体。なんじゃらほい?

それは、車にひかれてぺちゃんこになり、薄汚れたSoftBankのお父さんストラップでした。
哀愁漂ってました…

劇写したかったけど、羞恥心に負けました。くぅっ。

| | コメント (0)

ウィッピー

ウィッピー
食べました!
まずはノーマルを。
ウインナーに、細かく砕いたピーナッツが所々入ってます。もう少し沢山入ってるのかと思っていましたが(笑)

クウネルタベルは「1たす1が1.7になった感じ」と言っていました。別々に食べたほうがいいらしい。
私としても、美味しいけれど「また食べたい!」という程ではないし、何より高いので、もう買わないと思います(^o^;
スモークがめちゃウマ、とはならなそうだしね。(基本的にスモークはあまり好きではない私)

ウィッピー、ノーマル&スモーク各4本で1300円です…

| | コメント (1)

ちーかま的な?

ちーかま的な?
千葉の物産で、興味深いモノを発見したから、今度買って帰るね。とクウネルタベルに言ったら。
「何?(ワクワク)」
甘いものじゃないよ。
「そうなんだ(がっかり)」
お楽しみに。
「気になるよ〜。何?」
うーん、例えるなら、ちーかま的な感じかな。
「なんだぁ(興味ナシ)」
あ、じゃあ、食べない?
「そりゃ一応食べますよ」
ノーマルと味付き、どっちがいい?
「ノーマルが一番ですよ」

数日後、買いに行ったら、ノーマルとスモークがセット売りされていた。この前はバラ売りしてたよ?と店員に聞いたら、スモークが人気ありすぎで品切れしそうなのでセットのみにしたんだって。?今一つ納得できなかったけど、とにかくセットで購入。


千葉の名産、落花生(ふむふむ)と豚肉(えっ、そうなんだ)のコラボレーション、見事なハーモニー、その名は「ウィッピー」!!
ウインナーにピーナッツが入ってるんだって。
興味そそるでしょ?(笑)


帰宅後、クウネルタベルに見せると「食べる!」と大興奮。肉だからか。肉が好きだからか。
おやつ感覚で食べるものではないので、週末に食べようと、現在お預け中です。
冷蔵庫で、パッケージを開けてもらえる日を待っているウィッピーなのです。

| | コメント (3)

BOSS その後

私のお気に入りドラマですが、実家の母にも好評(笑)
彼女も「竹之内君がイイ」と申しておりまする。
竹之内株、上昇中!

身内だけでなく、職場の上司たちも見ているらしい。「今日は木曜か、BOSS見なきゃ」と同じ台詞を2人から聞きました(@゜▽゜@)
「BOSS面白いですよね!」と食い付く私。

それもこれも(?)竹之内君のおかげなのです。

| | コメント (0)

引っ越し

先日、引っ越しをしました!
梱包&開梱は自分たちですることにしたので、家中に段ボールが山積みです。

いざ暮らし始めると、こうすればよかった、ああすればよかったと、反省点ばかりが目につきます(´`)

いままではクウネルタベルと2人でダブルサイズの布団に寝ていたのを、この度ベッド2台にしたのだけど、クウネルタベルは1人でゆったり眠れて快適だと喜んでます。私はジャマってわけか…( ̄□ ̄;)!!
新しいベッドはふわふわで気持ちいいので、私も快適睡眠なわけだけど(笑)。
まだ掛け布団を買っていないので、1枚の布団を2人で奪い合いながら寝てたりする(^o^;

| | コメント (1)

幼獣マメシバ

ドラマ「幼獣マメシバ」、皆さん見たことありますか?

テレビ番組表で目にしてはいたものの、「幼獣って…。子供向けコメディ番組?」などと勝手に思っていた私。

先日、雑誌を見ていたら新作映画として「幼獣マメシバ」が紹介されていました。写真には、なんとも愛らしいマメシバの姿が!なんじゃあ、こりゃあ〜!!興奮!!
映画公開を控え、始まったドラマ再放送。見るべし、と早速録画。

はぁ〜可愛すぎます!変態のようにマメシバに夢中な私、ドラマのストーリーなどそっちのけで、ただマメシバを見ては「か〜わいい〜゜+。(*′∇`)。+゜」を繰り返しています。
子犬なのかな、とても丸っこくてふわふわしてます。表情も愛くるしい。

クウネルタベルも「可愛いねぇ。こんな犬なら飼いたいね」と私の変態ぶりに理解を示してくれています。
飼いたいけど、ずぼらな二人&昼間は留守の我が家では犬を飼うのは無理なので、映像で我慢。


マメシバといえば、昔深夜に放送していた「松本紳助」で、番組キャラクターとして登場するも気付けばいなくなっていた豆太郎を思い出すなぁ。彼は登場時は小さかったが、ぐんぐん成長して顔立ちも大人っぽくなり、後半にはマメの可愛さは無くなっていました。
マメシバも、撮影期間中に成長することから考えるに、子犬を何匹か使っているのかもしれないね。


「幼獣マメシバ」、癒されたい、犬好きのあなたに、是非見ていただきたいです!(*^□^*)

| | コメント (3)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない ★★★★☆

著者である桜庭一樹が新聞に書いた児童虐待についての記事を読み、そこで触れられていた本書に興味を覚えて図書館で借りました。重いテーマを語りつつ、いつの間にか自身の作品紹介になっているあたり(さりげなくテーマをすり替えてる?)、なかなかのやり手だな…まんまと作戦にはまったゼ、などと思いながら(買わなきゃ意味ない気もするが)。

読み始めたら、即ハマってしまった。面白いぞ。
オチは最初に明かされる。そこに向かい、話は進むのだけど、飽きさせる要素がない!素晴らしい!

静かな語り口でじんわり来るストーリーも好きだけど、これはまた別ジャンル。話すことが上手な人の面白い話を聞いている感覚で、「それから?」と、早く続きが読みたくて、翌日仕事なのに寝る間を惜しんで読んでしまった。
何がそんなにいいのか?個人的には文章が好きなのかも。「この作者とは友達になれそう」と感じさせる。

もう、文句なしのお気に入り作品です。あ、一つ文句あり。星が満点じゃないのは、最後の主人公のモノローグで「そこはわざわざ言わなくてもいいよ」って部分があったからです。

解説によると、もとはティーン向け文庫で出版されたらしいが、読む人の年代や環境によって感じ方が変わるのでは。
文章は平易なので、あっという間に読めますから、暇潰しにもオススメですよ。

著者の他の作品も読んでみようと思いますo(^-^)o

| | コメント (0)

チーバ君が!

いま電車に乗っております。

目の前にたった男性のスーツに、チーバ君ピンバッヂがついとりますよ〜!!(@゜▽゜@)

興奮のレポートでした。

| | コメント (0)

お礼を言われました

お礼を言われました
お礼を言われました

| | コメント (3)

ビート君参上!

我が家にビートウォッシュ、ビート君がやって来ました!ヤッターヽ(´▽`)/
大きいです。シャンパン色、カックイイ〜!
業者さんに聞いたら、ビート君もドラム式なんだって。私が今までドラム式と言っていたのは「斜めドラム」で、ビートウォッシュは「タテ型ドラム」だそう。

まずは洗濯。ビート洗浄コースだ!
宣伝のように、洗濯物たちがポンポン弾む様を眺めようと覗き窓からじっと観察。残念なことに、シャワーのように水を掛けながら洗うので、洗濯物たちはシャワーに隠れて、よく見えなかった。ちぇっ。
洗い終わり、取り出してみたら、洗濯物が一つずつバラバラになっていて、全く絡まっていないではないか!ブラボー!ビート君、素晴らしいよ!しかも脱水加減も今までよりいいみたい。

縮んでは困るものたちを除外して、乾燥だ!
残り時間表示によると、2時間かかるとのことなので、あとはビート君に任せて(今までも任せていたけど)お出かけ。
5時間後、フタを開けてみるとホカホカの洗濯物たちが、、今回も全く絡まっていませんよ、素敵。
全体に縮みはほぼ無いみたい。気持ち、小さくなったかも?というものも、その後来てみたら問題なしでした。
やるなぁ、ビート君!


クウネルタベルはお知らせボタンがお気に入り。何かにつけて、ポチッ。
「洗濯しています」だの「洗濯物をほぐしています(そうなのだ、このボタンによって、絡まっていなかったのは、ほぐされた結果であることが判明)」だの、今何をしているのかをビート君自ら教えてくれます。


すっかり我が家の人気者のビート君ですが、クウネルタベルは一つだけ耐え難いことがあるらしい。
運転中に高周波が出ているらしいのだ。
私の耳は年寄りなので、その音は全く聞こえないのだけれど、クウネルタベルには気持ちいいものではない。
コンビニ前から撃退される若者のように、洗濯機に近寄れないオッサン・クウネルタベルなのです。可哀想に。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »